板金SECCを見てみたい・どこにある、何に使われている

2022-09-05

金属と錆びについては何度もお話ししていますが、錆びない金属はありません。正確に言うと「錆びにくい金属・錆びにくく加工された金属」です。SECCも電解メッキを表面に施すことにより「錆びにくく加工された金属」に分類されます。この特徴は、どんな場面で活躍しているかご存じですか。きっとあなたの家にも多数存在しています。リビングだったり寝室だったりと、しかも何かを分解して確認するのではなく、そのままひっくり返す程度で確認することができるしょう
こういった素材は、本物を「見たり・触ったり」することによりインスピレーションに変化が起こることもありますので、是非「見て・触って」見てください。

スポンサーリンク

SECCがどこにある。

SECCは黒物家電の底面・内部機器に使われている金属がSECCであることは多いです。

  • テレビのコネクター挿入部 
  • ブルーレイプレイヤーの底面 
  • ハードディスクレコーダーの底面 
  • オーディオ機器のあらゆる場所
Blu-rayレコーダー

黒物家電と白物家電。

黒物・白物の分け方は、娯楽製品なのか、生活製品なのかで使い分けられています。電子レンジ・炊飯器・洗濯機など、一昔前はお母さんが使う家電というイメージで、このような製品を白物家電。主にオーディオ関連の家電を黒物家電と分けています。

黒物家電にSECCが使われるわけ。

SECCは素材の段階でメッキされています。なので、加工した断面にはメッキがありません。そのため、湿気の多い場所・水を使う製品には向いているとは考えにくいからです。※断面(切った面)から錆びてしまう。

動かさない製品に向いている。

一度設置すると、「設置場所の変更をあまりしない」というのも条件に入ってくるかもしれません。家電でも手に持って利用する製品、よく動かすもの、このような製品は樹脂多く利用する傾向にあります。(少しでも軽く利用しやすくするために樹脂を多めに使う。)触る機会が多いと、触った部分から錆びる可能性があります。

 あわせて読んでみてください
板金のメッキ材(SECC・SGHC)って?勘違いしていませんか?工場もうれしい使い方!

まとめ。

今回は家電を例に話をしました。
利用時の特徴としては

  • 湿度が低い場所で利用される可能性が高い 
  • 水にぬれる可能性が低い 
  • 設置後は手で触れることも少ない 

黒物家電
   SECCなどの素材の段階でメッキ処理されている金属を使う事が多い
白物家電
   SPCCなどで部品を作り、その後メッキ処理を行う可能性があります。

今回はSECCを「使うか・使わないか」、「どんな場面で使えて・どんな場面で使いにくいのか」のお話でしたが、素材にはSPHCやSS400もありますので悩ましいお話ですよね。

初心者級 3分でわかる SS400の理解
板金加工の材料 SPHC・SPCC 何が違う? 難しく考えず使い分け・コストも考える

設計のツボ材質

Posted by クロ