CAD利用時のこだわり・テンキー+ミニキーボードで効率アップ

2022-09-21

わたしがちょうどCADに慣れてきた頃の事です。同じフロア―の人に、「なんかバタバタですね」、「???」事務の人だったんですけど、わたしより年上で、最初何を言っているかわかりませんでした。話をしてみると、右手でマウス・右手でテンキー・右手でペン・右手で図面追って・・・右手ばっかり忙しそうですよ。納得でした。毎日の忙しさに追われて、机ばっかり広く取って…作業を真剣に考えた切欠でした。答えは割と簡単に出たんですがね。

スポンサーリンク

テンキー+ミニキーボードで解決。

いろいろと試してみましたが、最終的にテンキー+ミニキーボードで落ち着きました。キーボードの再購入は、要望のテンキーに出会えたので、キーボードはCADのショートカット専用みたいになってきたからです。

要望のテンキー。

皆さんの思い描くテンキーは、「19キー」で数字がその半分を締めるテンキーでしょうね。わたしの欲しかったのは、十字キーやdeleteなどのキーも付いた「34キー」のものでした。

キーボードの買い替え。

テンキーが決まったことで、キーボードに要求が出てきました。小さいキーボードで数字はいらない。接続は無線なら。

解決の理由。

真剣に考えました。製造ラインで、組付を考える時は、右手と左手の動き、道具の持ち替えなんかも考えます。その要領で、右手と左手の仕事を分けました。

右手の動き。

常に何かしているイメージです。(仕事中なので何かしているのは当たり前なんですが😅)

  • カーソルの移動
  • クリック
  • チェックペン
  • 数字入力

左手の動き。

表現は良くないですが、遊んでいます。

  • CADショートカット
  • 図面めくる

問題点の発見。

PC購入時についてくるフルキーボードだと複合的なショートカットは押しにくい。距離がありすぎ…

解決策を考える。

明らかに右手の負荷が高いです。ここで考えたのは、仮に量産品の組立では、工具の持ち替えはタイムロスと考えます。可能な限り行わないのがベターとされるところです。今の作業方法だと、何かするたびにマウスから手を離さなければならないのです。これが、話の最初にあった「なんかバタバタですね」これにつながるんだと思います。「右手から仕事を左手にスイッチしよう。」

何をスイッチする。

ここでは目線(目の動き)も考えねばなりません。

目線が画面ので可能な業務。

  • マウス移動
  • クリック
  • 数字入力
  • ショートカット

ここで、どう考えても、マウスの移動とクリックはセットです。この2つを右手に残し、数字入力と、ショートカットを左手に渡します。

目線が移動する業務。

  • チェックペン
  • 資料の確認
  • 図面の確認

目線が移動する業務の最中は、両手を使う方が効率が良い。
本をめくる・図面をめくる・資料にチェックを入れるなど
両手の方が良いと思われるものは除外します。

34キーテンキーは便利。

先ず何がいいって、34キーテンキーは、普通のテンキーより大きいので安定性がいい。ガタガタしないし、ストロークも浅いものを選べば、手の負担も少ないです。今回ご紹介しているのは、CADのショートカットではなく、電卓呼び出しやスクリーンキャプチャー、ESC、Tab、Home、Page up/down、Delなどのキーも付いているので、左手の移動量は更に少なくなります。微妙にうれしいのは「00」キーだったりします。

キーボードを考える。

キーボードの要求は、

  • テンキーはいらない⇒別で用意するから
  • ワイヤレスが良い⇒未使用時、片づけることができる
  • 安定性が良い(ガタガタしない)⇒ショートカットを目的としているので2つ3つ同時に押すため

こんな条件がそろえば何でもよいのですが、参考までに。

左手テンキーは、少し慣れが必要です。わたしの場合は、1週間程度で形になりました。2週間超えたあたりで、自分でも実感できるほどの「なんかバタバタ」はなくなり、自分の時間見積りで言うと、1割り・2割りと短くなっていきました。最終的には時間的に3割り減でしょうか。人によってはもっと早くなると思っています。

まとめ。

僅か数千円でのこの効率アップは、わたし的に驚愕でした。すべての皆さんへ同じ効果があるとは言いにくいのですが、やってみる価値はあると思っています。